勉強の出来る子が中学受験

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

受験の低年齢化が進んでいる日本。
中学受験は首都圏ばかりの話ではありません。地方で合っても中学受験に挑んでいる子供は多くいます。

では、どのような子供が中学受験個別指導塾などを行っているのでしょうか。
やはりクラスの中でも優秀で頭が良いと思われているような子供が受験をするのでしょうか。
一昔前であれば有名私立や国立の中学を受験するのは頭が本当に良い子。または家がお金持ちの子供でした。
最近は高校受験や大学受験で苦しい思いをさせたくないと考えて中学受験をさせる親も結構います。
自分が受験戦争で苦しい思いをしてきたので、子供には辛く苦しい思いは出来るだけさせたくない、そのために大学まである私立の中学校を受験さえたいと考えるのです。

また周囲の友人たちが受験勉強を始めたので自分も受験がしたいという子供もいるでしょう。
子供は周囲に影響されやすいですので、仲の良い友人たちが受験をするとなれば自分も受験がしたいと思うものです。
家計の負担は大きくなりますが、経済的に大丈夫であれば、子供の思いにこたえて受験をさせてあげたいものです。
たとえ受験に失敗したとしても、一生懸命受験勉強をしたことは子供本人にとってかなりプラスに働くでしょう。